ロボットシャトルとは

ロボットシャトルについて、目指している未来、
想定している導入イメージやメリットについてご紹介します。

  • 今までにない
    自由で便利な移動手段を

    ロボットシャトルは、今までにない自由で便利な移動手段の提供をミッションに、DeNAEasyMileによって、2016年8月より開始した、完全自動運転車両による交通サービスです。
  • 株式会社ディー・エヌ・エーは、カーシェアサービスの「Anyca」、スマートタクシーサービス「タクベル」、ヤマト運輸との共同プロジェクトである「ロボネコヤマト」などのオートモーティブ事業を手掛け、他にもソーシャルゲーム事業や数多くのインターネットサービスを手掛ける企業です。
    EasyMileは、フランスのトゥールーズに本社を持つ、ソフトウェア開発と、スマートモビリティの車体の開発を共に行うベンチャー企業です。シンガポールや中東などにも拠点を構え、高い自動運転技術を誇っています。
  • ラストワンマイルの
    近距離移動を
    より手軽で安全に

    人々が豊かな生活を送る上で、移動は必要なものです。しかし今、働き手の減少によるドライバー不足、自治体の予算削減による公共交通機関の廃線や運行本数減少が進んでいます。移動の不自由により、豊かな生活が危ぶまれることのない社会をつくるため、自動運転技術の実現に向け動き始めています。

導入のメリット

  • 維持コストの削減
    自動運転による維持コストの削減により、
    持続的な移動手段の提供を可能にします。
  • ドライバー不足の解消
    人口が減少していく地方での
    ドライバー不足の解消に努めます。
  • 最新技術による話題性
    世界でも最先端の自動運転技術の導入で、
    話題性のあるサービスを提供します。

導入イメージ

発電所、工場、大学、商業施設、リゾートなどの広大な私有地内での走行をはじめ、
コミュニティバス、観光地などの公道での走行も想定しています。
  • 発電所
    発電所等の施設内の安全な移動に
  • 工場
    広大な工場内の移動に
  • 大学
    地方大学のキャンパス内の移動に
  • 商業施設
    アウトレットモールなどの商業施設内の移動に
  • 郊外住宅地
    地域のコミュニティバスとしての移動に
  • 過疎地域
    地域のコミュニティバスとしての移動に
  • 観光地
    移動の難しい観光地での移動に
  • リゾート
    リゾート施設での快適な移動に

お問い合わせ

ロボットシャトルは、導入を検討されている企業様・自治体様を募集しております。
商談やデモの実施を希望される企業様・自治体様はこちらからお問い合わせください。